読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sayakacangの日記

アラサー→アラフォーのワーママです。勤続9年の会社を離れてインドネシアはジャカルタに滞在中。

豆を煮るっていいよね②

もう1つレシピを獲得したので、記載します。

sup brenebon/kacang merah(ブレネボン/赤豆のスープ)です。マナドのあるミナハサ地方の郷土料理だそうですが、brenebonは、オランダ語のbruine bonen(赤い豆?)から来たそうです。オランダ語で全部言うと、bruine bonen soepだそうです。

早速材料は、
kacang merah(金時豆)1袋(450g)
肉(豚、牛のスペアリブか筋か)(豆と同量くらいだけど、出汁目的なので少なくてもいいのでは)
セロリ2本
bawang merah(エシャロット?)8個
にんにく2片~4片
ネギ適量
クローブ 5つくらい
ナツメグ 1個または茶匙1杯
塩胡椒 適量
炒め用油 適量
です。例によって圧力鍋一杯分出来るので、量は要調節です。また、実はたぶんナツメグは入れすぎたみたいなので、少しずつ入れた方がいいかも。

作り方
豆を洗って圧力鍋で水につける
肉を適当に切る
ネギを長めに切る
セロリを短めに切る
にんにくとbawang merahをみじん切りにする
にんにくとbawang merahとスパイスを油を引いたフライパンで炒め、香りたたせる
豆の水の量を調節する(豆の倍くらいか)
その他の材料を全部を豆の鍋に入れ、圧力鍋を閉めて火にかける
沸騰して音が10分くらい鳴ったら火を止めて、鍋が空けられるまで待って、開ける
味見して、塩胡椒、ナツメグ、水の量を調節(=足す)して味を調え、出来上がり

前回のレシピと異なり、材料を切るのと炒める作業が発生しますがみじん切りも心を落ち着ける効果があるみたいでいいですね。
このスープ好きなので、調味料の量の黄金比を早くつかみたいです。

出来上がりは写真右側(左はお粥)

f:id:sayakacang:20160620074256j:image