読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sayakacangの日記

アラサー→アラフォーのワーママです。勤続9年の会社を離れてインドネシアはジャカルタに滞在中。

転送サービスを利用してみました。

子供の4才の誕生日に自転車を買うつもりで予告していたのですが、夫が先に買い与えてしまったので、急遽子供がかねてから欲しがっていた古い車両のプラレールヤフオクで落札し、セカンドポストという転送サービスを利用してみました。
サービスに登録後、国内の転送元の住所を貰い、そこにヤフオクや通販から商品を送ってもらい、海外の居所へ転送して貰うというものです。決済はクレジットカードでできますし、荷物の到着はメールで連絡を貰い、ウェブサイトの会員用メニューから転送依頼ができます。転送はEMSです。
うっかり開封時の写真を撮るのを忘れたのですが、1つ1つプチプチで包んでインボイス類も同封して、おまけにえびせんの小さいのを入れて、ちょうどよいサイズの段ボールに入れて送ってくださいました。
田舎に住んでいる私の両親は忙しくしているし、海外に小包を送るとなると、郵便局窓口で係りの人と一緒に右往左往する事が予想されるので、その負担とこちらの心苦しさを考えると、手数料をプラスすることで迅速な対応をしていただけるなら、とてもよいサービスの様に思います。

ご参考までに、以下が今回の費用と一連の流れです。3つの商品ABC(中古のプラレール)を買いました。落札金額は秘密ですが、転送にかかった費用は以下に記載します。

4月7日 ヤフオクでの商品購入を決め、ターゲットをウォッチリストに入れる。
同日(前日だったかも)セカンドポストへ登録、住所を貰う→登録は無料
4月9日 商品ABC入札、AB落札、落札連絡(送付先、支払方法等連絡。フォームに沿ってやる)
4月10日 商品A送料連絡、クレジットカードで支払い、発送
同日 商品C落札、落札連絡、送料連絡、クレジットカードで支払い
4月11日 商品B送料連絡、クレジットカードで支払い
同日 商品C発送
4月12日 商品Aセカンドポストへ到着、商品B発送
4月13日 商品Cセカンドポストへ到着
4月14日 商品Bセカンドポストへ到着、セカンドポストへ3つをまとめて発送依頼、手数料と送料をクレジットカードで支払い→3,664円
(内訳)
国際配送料 1,680円 (キャンペーン中で2割くらい割引)
転送手数料 970円 
一括転送 手数料840円 
EMS損害賠償保険0円 
プロセス費用 174円 
同日 商品ABCセカンドポストから発送
4月18日 商品ABCスカルノハッタ国際空港の税関へ到着
4月23日 商品ABCジャカルタ自宅へ到着

ということで、落札から2週間あまりかかりましたが、途中の手続きや取引はスムーズでした。
今回はヤフオク複数の商品をそれぞれ別の出品者さんから落札したため、まとめて転送をお願いすることになったのですが、1つの購入先からまとめて送って貰えると、一括転送手数料はかからないということになるので、もっと安くなりますし、転送までの時間も短くなると思います。
また、手数料だけだと2000円くらいになっていますが、すごく安いとは言わないまでも、どうしても日本で調達したい物がある時、年1-2回位であれば、許容範囲かなあと思います。
他の業者さんとの比較については、いくつか他のブログなどを参照しましたが、軽いものだと、セカンドポストさんが一番安いのだそうです。
あと、関税ですが、今回私の荷物は、出品者さんから貰ったインボイスも同封されていて、それとは違う金額が私宛のインボイスに記載されていたのですが、中身を確認されたにもかかわらず関税はかかりませんでした。ただ、精密機械(カメラとか?)を送ると、いくらインボイスに価格を0円と書いても、関税がかかるという記事をネットのどこかで見たので、送る物は気をつけた方がいいのかも知れません。

1つネックをあげるとすれば、セカンドポストさんの住所が、札幌中央郵便局の管轄ではあるものの、北海道であることかも知れません。国内からセカンドポストさんへ送っていただくのに、2日は見ておかないといけません。他の業者さんはどこなんですかね。